就活後の大学4年はバイトに受からない?落ちる原因と今からでも間に合うバイト探し術

  • この時期からは雇ってもらえない?
  • 卒業まで貯金がもたない
  • 残りの大学生活で良い思い出を作りたいのに…

やっとの思いで内定をとれた。

やっと就活が落ち着いたのに、次に降りかかってくるのが金欠問題ですよね?

 

当時、大学4年生だった私も就職活動の交通費やランチ代で貯金が底を尽きました。

バイトに応募しても「就活よりバイト面接の方が難しいのでは?」と思うほど不採用の連続。

それくらい大学4年生からのバイト探しは難しいんですよね。

 

でも大学4年生がバイトに受かりにくい原因を潰せば、今からでもアルバイトをしてお金を貯めることは可能です

当時の私の経験も踏まえて、解決策をお話ししていきますね。

大学4年生だとバイトに落ちる!受からない理由は”残り期間”

日めくりカレンダーの月替わり

ズバリ!なぜ大学4年生がバイトに受かりにくくなるかというと、“学生としての残り時間が短いから”

入学したばかりの大学1年生と、卒業間近の大学4年生。

同時にバイト面接に応募して来たら、どちらを優先的に採用したいでしょうか?

 

求人を出す広告費や仕事を教える手間を考えれば、1年生を採用しがちなるのも仕方ありません。

特に就活が終わった後期からバイトを始めるのは超ムズカシイです。

 

それにもし受かったとしても、年下の2,3年生の先輩に仕事を教えてもらうという気まずい環境になりやすい。

せっかく仕事を覚えても、すぐ大学卒業の時期になりバイトを辞めなければいけない。

このように依然と同じようにバイトを探すと、バイト自体も受かりにくいし採用されても不満が出やすいです。

 

でも安心してください!

“大学生としての残り時間が少ない”という受からない原因を潰せば、今からでもアルバイトは始めて楽しく働くことができます。

大学4回生でバイトに受からないときは年齢や期間を問わない求人を探そう

8月の短期バイト

長期的に働いてくれる学生を求めている本屋やカフェは難しい。

逆に言えば“長く働く人を求めていない職場”なら、大学4年生とか関係なく採用されます。

 

代表的なのが単発短期バイトですね。

働く期間は1日~数日だけ。

だから仕事内容もその日に覚えられるシンプルなものばかりです。

人気の短期バイト

  • 年末年始の宅配バイト(要:バイク免許)
  • チラシ配りなどのポスティング
  • 街中でのティッシュ配り
  • 都市部でのプラカード持ち

こういったバイトは”この日だけ人手が欲しい”という仕事なので、大学4年生とか関係なく採用されますよ。

もう少し長い期間働きたいときは、期間限定のバイトもおすすめ

1週間~1カ月ほどの期間限定で働けるので、夏休みや冬休みのバイトに最適です。

 

例えば出会いも求めているなら、リゾートバイトとか人気ですよね!

海の家やスキー場などリゾート地で働きながら、みんなで宿を共にするので恋に発展しやすいバイトとして有名。

 

もし出会いがいらない・人付き合いすら面倒なら工場での期間限定バイトもあります。

商品のシール貼りや仕分けなど、マイペースに働けるアルバイトを探してるなら工場内での仕事を探しましょう。

 

こういった短期バイトを探す時は求人サイトを使うと一発で検索できます。

私が使っていたのは、バイト先が決まったらお祝い金5000円がもらえる特典があるマッハバイト。

日給1万のバイトでも、マッハバイトから登録すれば15000円になるのでオススメですよ。

公式サイト⇒大学4年向けの短期バイトをマッハバイトで検索してみる

バイト面接で落ちるときは”第一印象で損をしないこと”を意識しよう

バイト面接のコツ

大学4年生向けのバイトとして単発・短期バイトと期間限定バイトを見ていきました。

あとは面接でマイナス印象を残さなければ、さらに採用されやすくなります。

 

面接でマイナス印象に繋がるのは外見ですね。

就活が終わったからといって、髪色を明るくしたりネイルをしていると、仕事内容によってはマイナス査定に繋がります。

リゾートバイトは接客もするので、面接時は外見も重視されています。

飲食業だと悪い印象

  • 爪が汚い
  • ネイルをしている
  • 香水をつけている
  • 整髪料のニオイがきつい

飲食店以外だと外見と一緒に面接時の言動も見られていますね。

ついやってしまうクセがあるなら、面接時にやらないように心がけましょう。

面接時のNG行動

  • 足を組む
  • 貧乏ゆすり
  • 髪をいじるクセ

短期バイトや期間限定のバイトは誰でも気軽に応募できるので、求人によっては倍率が高くなることもあります。

もう1回だけ就活をやるくらいの意識を持って、バイト面接に取り組み採用をGETしましょう。

落ちる原因をハッキリさせれば今からでもバイトを始められる

バイトを始める女性 大学4年生だと長期的に働いてくれる人材を探す職場では不利なのは事実です。

でも残り時間が短いという雇われない原因を受け入れることができれば、バイト探しを工夫して働くこともできます。

 

バイト面接に落ちるのは、あなたの能力や人柄の問題ではありません。

期間限定のバイトや短期バイトなら大学4年の就活後からでもバイトは受かります↓↓

参考⇒お祝い金5000円をもらえる求人サイトでバイトを探してみる

今日の復習

  • 大学4年だとバイトに受からないのは”学生生活が残り少ない”から
  • 単発・短期バイトや期間限定バイトだと4年生でも採用されやすい
  • 面接は就活レベルの気合を入れて望む
  • 不採用になっても、あなた自身に問題があるわけではないので落ち込む必要なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA