大学の卒業式に親は出席するもの?親の出席率と来てほしくないときの伝え方

えっ!?大学の卒業式って親は出席するの?

卒業式まであと1ヶ月を切った頃、母親が「お父さんのスーツもクリーニング出さないと」と忙しそう。

「何かあるの?」と聞いたら「あなたの卒業式に決まってるじゃない」と言われました。

できれば来てほしくない。

友達少ないのもバレるの恥ずかしい

そんな気持ちでいっぱいになったのを今でも覚えています。

 

今回は『大学の卒業式に親は参加するのか問題』について。

出席率や来てほしくないときの伝え方を見ていきます。

 

「同級生に親といるところを見られたら恥ずかしい」

「そもそも親って大学の卒業式までくるの?」

こんな思いや疑問を1つずつ解消していきましょう。

大学の卒業式に親の出席率!参加率は低い(特に父親)

卒業証明書

そもそも論として、大学生の親は卒業式に参加するものなのでしょうか?

ベネッセが過去にとったアンケートによると、多くの親御さんたちは卒業式に出席しないことがわかりました。

引用元:大学生の保護者に関する調査 -ベネッセ教育総合研究所

この統計を見てもわかるように、大学の入学式より低い出席率と言えますね。

卒業式に出席する親は、少数派に入ることがわかります。

とくに父親の出席率が低いのは「仕事を休むまででもない」ということだと思います。

 

小学生や中学生のように、出席が義務化されているわけではありません。

だから親にムリしてきてもらう必要なんてないんです。

 

それに大学側の意向も一度、確認した方が良いですね。

大学によっては親御さんには、卒業式の会場への入場を規制しているところもあります。

(式の会場には入れずに、別会場でモニターで見る形式)

 

ほとんどの大学は保護者席を用意しています。

ただ万が一があるのでもし本当に親が来るつもりなら、卒業式までに自分の大学の公式サイトを見て確認した方が無難です。

スポンサーリンク

【体験談】大学の卒業式は親と一緒の時間が短い

卒業式

私は何度も両親に「無理して来なくて良い」「友達の親は来ないらしい」と言いました。

でも親は来る気がマンマンだったので、結局親子で参加することに…

 

親として学生最後の卒業式を見たかったのでしょう。

仕方なく朝から電車にのって、一緒に学校へ向かったのを今でも覚えています。

 

いやいや卒業式に向かった私ですが、実際に卒業式を迎えてみると、親と過ごす時間は一瞬でした。

一緒に大学までいって、門の前で写真を撮って終わり。

 

卒業式の会場が卒業生は1階で、関係者は2階となっていたんですね。

だから会場に入るとすぐに離れ離れ。

親がどこにいあるかもわかりませんでした。

 

それに卒業式が終わっても、私は学校に残りゼミで卒業証書をもらうことになっていたので居残り。

だから帰宅時は親と一緒ではなく、門の前で写真を撮っただけで終わったんです。

 

大学で親と一緒にいた時間は15分もなかったんです。

知り合いに見られることもなかったし、すごく憂鬱だった分だけ拍子抜けしました。

 

卒業式の形式によっては、こんなこともあるので、そこまで嫌がる必要もないかもしれません。

ただ『できれば卒業式に来てほしくない』という場合は、どうやって伝えればいいのでしょうか?

大学の卒業式に親に来てほしくないときの伝え方

考え事をする

ぼっちで友達いないのが親にバレたくない

派手なので一緒に歩くのが恥ずかしい

こんな風に親に卒業式に参加してほしくないときは、どう断れば良いのでしょうか。

両親が納得する可能性がある理由を作って説得を試みましょう。

断る理由を作ろう

① 世間の声で説得してみる

  • ほとんどの人はこない
  • わざわざ休みをとって来る親は少ない
  • 過保護だと思われる

② 代替案を出す

  • 後で写真を見せるから
  • 卒業アルバムに載るから

③ 一緒にいれないから意味ない

  • 卒業式は卒業生と関係者は別々
  • 卒業式が終わったともバタバタしてる


まずは断る理由になるものを、挙げるだけあげます。

そのなかから、あなたの親が納得しそうなものを選んでいきましょう。

 

もしそれでも絶対に行くと言うなら、条件を出すと良いですよ。

なぜ親に卒業式に参加してほしくないのか?

その理由をハッキリさせると、条件をつけやすいですよ。

条件をだす
  • 親は服が派手だから恥ずかしい
    →服装は地味にしてほしい
  • 一緒に学校に行くのを友達に見られるのが嫌
    →行きは友達と一緒にいく約束をしてるから別行動が良い
    →帰りは飲み会があるので先に帰っていい


こんなふうに条件をつけて、卒業式の日にテンションが下がらないように交渉してみましょう。

あなたもご両親も、お互いが納得した形で卒業式を迎えられるのがベスト。

そのためにお互いが妥協できるポイントを探ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

大学の卒業式の日は両親へ感謝の言葉を送ろう

卒業式の帽子

恥ずかしいとは思いますが、できれば卒業式の日に親に感謝の言葉を伝えたいですね。

なにも長文の手紙にする必要はありません。

感謝をつづったメッセージカードでもOKです。

『無事、大学を卒業出来ました。ありがとうございました』

『いままでありがとうございました。これからは少しずつ親孝行できるように社会人として頑張ります』

こういった感謝の言葉は、きっとすごく喜んでくれますよ。

言葉にするのが恥ずかしいなら、なにかプレゼントを渡してみては?

  • 父親の趣味に関係したもの
    お酒が好きならグラス、釣りが好きなら帽子など
  • 母親の家事を楽にする家電
    ルンバや掃除機、家事の時短になるグッズ
  • 腰痛や肩こりを改善するケア商品


価格は高くなくて構いません。

普段から両親が欲しがってるモノ、困ってるモノを思い出してプレゼントを選んでみてはいかがですか?

次はこちら⇒大学4年から受かりやすい短期バイトの探し方

次はこちら⇒大学4年の引っ越し事情!引っ越す時期と費用を抑えるコツ

 

あなたの卒業式は1度しかありません

それと同時にご両親にとっても、子供の卒業式は1度しかありません

お互いが納得できる形で卒業式を迎えられるように、アイデアを考えましょう。

スポンサーリンク

今日のまとめ

  • 統計だと7割~8割の親は来ない
  • だから無理して参加する必要はない
  • 来てほしくないときは”来なくていい理由”を作る
  • もし親が譲らないなら条件を考えてお互いに妥協する
  • できれば親に感謝の言葉を伝えよう
  • もし恥ずかしいなら小物をプレゼントしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA